ノイズリダクション

ここから説明
防犯カメラサーバスHOME > 防犯カメラ辞典 > ノイズリダクション

防犯カメラで夜間の暗視撮影を行うと自動的に感度を上げることでノイズも増えてしまいます。
これはAGC機能によって電気的に明るさを増幅させているためにノイズも一緒に増幅されてしまう現象です。
ノイズを出さないためには、AGCをオフにすることで回避できるが、暗視撮影時に感度が低くなってしまいます。
DNR(ノイズリダクション)機能は、そのノイズを極限まで減少させ、低照度撮影時に大変有効な機能となります。